相談前に知ること

過払い金の無料相談を行う前に、自分に過払い金が発生しているのかを知ることが大切です。もし過払い金が一切返済されないのに依頼してしまったら、弁護士によっては無駄に料金を支払うだけになるでしょう。では、どのような人に過払い金が発生しているのでしょうか。重要なのは借り入れ原本と利息です。利息は特に説明をしなくてもわかるでしょう。借り入れ原本はいくら借りたのかということです。

お金10万円未満のお金を借りている場合には、通常利息は年20パーセントまでと決められています。そのため、10万円未満のお金を借りているのに、利息が年20パーセントを超えている場合には、確実に過払い金が発生していることになります1。10万円以上で100万円未満のお金を借りている場合で、利息が年18パーセントを超えている場合にも過払い金が発生しているのです。

100万円以上のお金を借りている場合には、利息が年15パーセントを超えていれば、やはり過払い金が発生しているのですが、このように借りた金額によって利息を定めている法律を利息制限法といいます。なぜ過払い金が発生するのかというと、利息制限法以外にも出資法という法律があり、出資法に合わせて業者が利息を徴収しているためです。これを知っておけば、利息をいくら支払っているのかで過払い金があるのかないのかが分かるでしょう。